圧着ハガキはなぜ人気?顧客心理に訴えかける構造とコスパが魅力

SITEMAP
料金後納郵便はがき

圧着ハガキの知られざるメリットとは?

郵便はがき

何かと便利といわれる圧着ハガキですが、案外そのメリットは知られていないことも多いでしょう。そこで、今回は圧着ハガキに関するメリットを何点かご紹介させていただきます。まずは情報量をたくさん載せられる上で、コスパがいいことが挙げられます。通常のハガキと比べて3倍から5倍ほどの記載が可能で、値段が抑えられることからも人気が高いのです。次に挙げられるメリットは、開封率が高められることです。人間はついついめくれるものがあると、めくりたくなるものです。その心理的な欲求を上手く利用することで、より内容を見てもらう確率を上げられます。広告ハガキやDMには必須のテクニックといえるでしょう。その次に挙げられるメリットとしては、幅広いバリエーションから選べることが大きいです。そうすることで視覚的にバリエーションを持たせることが出来るので、重宝されています。最後に挙げられるメリットは情報の秘匿性の高さにあります。シールで個人情報を守ることが出来るのは、現代社会においてかなり有意義だといえるでしょう。いずれの用途にしても圧着ハガキは、作成は専門業者に依頼してみて、その仕事の手際の良さと便利性を味わうといいでしょう。

安く沢山の情報を届けたいときに圧着ハガキを使おう

新製品の案内をリピーターなどの重要顧客に届ける際、十分な量の情報提供がないと、折角お知らせしてもあまり興味を持ってもらえない可能性があります。そうかといって、封書でお知らせを出すとコストがかさむというジレンマに悩んでいるなら、圧着ハガキを使いましょう。圧着ハガキは、内側に畳み込んで糊付けした面にも情報を印刷できるので、見た目はハガキサイズでも、実は、かなり多くの情報を伝えることができます。折りたたんで糊付けすれば郵便物としてのサイズはハガキと一緒なので、送料はハガキと同じです。それどころか、広告郵便の扱いとなれば、送料はむしろ安くなります。このように、コストをあまりかけずに、多くの情報を届けたいときには、圧着ハガキを使うのがおすすめです。
作成は専門業者に依頼できるので手軽ですし、外注コストは業者によってまちまちのため、会社の予算との兼ね合いで、妥当と思われる制作費用の専門業者を探して注文しましょう。内側の印刷面には、新製品の写真なども豊富に使い、魅力的な案内に仕上げることが大切です。また、対象者の年齢や趣味嗜好に合わせて、フォントや配色、読みやすいレイアウト等にも十分に配慮する方がいいでしょう。

ダイレクトメールなどの広告郵便は圧着ハガキがおすすめ

お客様へダイレクトメールを発送したい場合には、圧着ハガキを採用することが断然おすすめなのです。その理由をまとめてみました。

圧着ハガキを使用するメリットとして、「郵便コストを削減できること」、「プライバシーを守ること」、「開封率がアップすること」が挙げられます。
圧着ハガキは、郵便コストのままで情報量は通常のハガキの約2、3倍程にもなります。メール便を使用したダイレクトメールと比べて断然お得と言えます。また、一度開封すると再圧着できませんので、プライバシーの保護にもつながります。中身が隠れていることで、早く中身を確認したいという心理状態にさせることができ、通常のダイレクトメールに比べて開封率が上がります。

圧着ハガキを作成するには、顧客情報の処理・印字、デザイン制作・印刷、圧着処理、投函処理という流れを踏みます。この一連の作業を自分たちで行うとなると、大変な手間がかかるといえるでしょう。また、それぞれの作業に専門技術が必要となります。そこでおすすめな方法が、「専門業者へ依頼すること」です。
圧着ハガキのダイレクトメール作成は専門業者に依頼し、時間もコストも削減することをおすすめします。ちょっとした質問や相談にも応じてくれますので、是非アポイントをとってみてください。

イメージ通りのダイレクトメールを作るために、圧着ハガキの作成依頼をするなら【ユニオン印刷】がおすすめです。スタッフと相談しながら最適なプランを組めますので、満足のいく圧着ハガキを作成できます。

新着情報

最新記事一覧